LPT annex

whatever LPT consists of

マンプク宮殿2 新巻鮭と怪奇骨董音楽箱

f:id:Tanu_LPT:20161225185214j:plain
 

 私の住んでいた地域の海沿いでは冬になると鮭が遡上してきて、沿岸部に住んでいる親族から新巻鮭が届くのが恒例になっていた。届いたら外の物干し竿に吊るして保存、冬は最低気温が-15度、最高気温も零下を上回る事が少ないこの季節は冷蔵庫要らず、食べる時はそこから包丁で切り出して焼く。味も今スーパーで売っている甘塩鮭とかサーモンのような上品な塩味とフワフワした身のものではなく、焼きあがりは表面に塩の結晶がびっしり、身も硬くて噛み応え有の1品。今食べている焼き鮭は味も上品だし健康にはこちらの方が良いのだろうが物足りなさを微妙に感じるのは子供の頃あの味を刷りこまれたからだと思われる。まあ・・・・あんなものを今も食べていたら高血圧まっしぐら。


 中学2年の冬、KING CRIMSON,EL&P,YES,PINK FLOYDと日本盤で容易に入手可能な英国バンドの音を一通り体験した私の前に立ちはだかった難関はGENESIS。今では超メジャーバンド扱いだが80年当時はまだまだ。当時の新作である「DUKE」は辛うじて国内盤も出ていて当時数店存在していた輸入盤扱う店でも見かけたがそれ以外は何故か全く見当たらない。どうやらあの時期彼らの所属レコード会社CHARISMAがそれまでの配給会社から別の会社への移行時期だったらしく国内盤は一時的に生産中止になっていたというのが実情らしい。1件だけあった中古盤屋に毎週通いようやくライブ盤(GENESIS LIVE)のみ入手。盤質最悪でチリチリいうモノだったが宝物のようにして聴いていた。そうくると今度はスタジオ録音作品も聴きたくなり市内に存在するレコード屋全店を虱潰しに捜索。 一番欲しかったのは2ndアルバム、原題は「NURSERY CRYME」ジャケットは少女がクリケットをしているのだがボールは全部人の首という英国風味とゴシック恐怖テイストが綯交ぜになった絵。日本題は「怪奇骨董音楽箱」。1曲目のタイトル「MUSICAL BOX」+ジャケ絵の雰囲気から決めたであろう傑作邦題。秋口から探し始め、年末にようやく橋の傍にあった小さいお店でデッドストックを発見。発見したのは良いがその時の手持ち金は売価に足りず・・・・当時小遣いが月1.500円というアルバム1枚も買えない額だった自分の境遇に絶望するも、年末?という事は正月のお年玉が入れば買える!頼むから正月まで売れ残っていてくれ!祈りをこめて店を後にした。


 そして迎えた正月、お年玉も貰い買える体制は整ったがまだ正月はしっかり長期休みを取る個人商店が多かった時代、1/3にお店の前に行ったがまだ営業していない・・・次に行けたのが1/5。最悪な事に当日は大雪。バスで行くには幾つか乗り継がなきゃ行けない上にバス代で片道500円はかかる。仕方ないから自転車でGO!
 路は凍てついている上にパウダスノーが表面を覆っている、外気は確実に零度以下、10分も走れば全身真っ白になる状態で40分近くペダルを踏み込みようやく到着。当時の自分を褒めてやりたい気分3割、馬鹿だね・・・と思う気分7割。
 幸いに売れ残っており無事購入は出来たが、店の人も全身雪塗れな上寒さで顔が赤鬼状態の中学生が売れ残りのレコード買いに来たのにはさぞ気味悪かった事であろう。
 今度は自宅まで再度40分自転車。殆ど八甲田山状態になりながら帰還したところで激烈な空腹に気付いた。親に何か食べるものあるかと聞くと今朝焼いた鮭の残りがあるという。余り飯に鮭を載せてステレオのある部屋に向かう。
 塩味が殆ど辛味の域に達している鮭と苦労した購入できたレコードの組み合わせはどうたったんだろう?その時の気分は覚えていないが「怪奇骨董音楽箱」は確実に私の人生を彩った1枚ではある。彩りは鮮やかでは無く鈍色なのかもしれないが。

 余談ではあるが購入してから数カ月後、日本盤が全タイトル再発されるという情報をレコード屋店頭チラシで知った。あの苦労はなんだったんだ・・・と打ちひしがれたが、実際店頭に並んだものを見ると本来ダブルジャケットの所が廉価再発故コストダウンでシングルジャケに変えられた無残な姿を見たとき「勝った!」と何故か思った自分。あのアルバムは見開きの中ジャケ無ければ魅力2割減。

 

ナーサリー・クライム (怪奇骨董音楽箱)(紙ジャケット仕様)(完全生産限定盤)

 

episode 1206 : Travel with hope, travel with joy : two

f:id:Tanu_LPT:20161225183417j:plain

「おじいちゃんに会いたい(後篇)」
 
 海外オークションで知合ってから3年、遂にイギリスのデイヴおじいちゃんとご対面の日が来た。駅で両手を広げ待ち構えていたおじいちゃんに、むぎゅうううとハグされ、ぶちゅううううと真正面キスされ「よう来た、よう来た」と大喜び。おばあちゃんと3人で「まずは家に帰ろう」と車でご自宅に向った。駅を離れるとすぐに美しい田園風景が広がり「ここが見えると家なんじゃ」という小路を過ぎてお宅に着いた。庭には格子で区切って玉砂利を敷き詰め、謎の石灯籠と、昨年私が贈った信楽焼の狸が置いてある一角が造園されていた。「『幸子の庭』じゃ」そこは、私の名前が付けられた「日本庭園」だった。

 滞在中は、朝はおばあちゃんお手製のジャムにクランペット、おじいちゃん特製ミューズリーにミルクティを頂き、昼はお住まいの村や景観地、古城等を厳選して案内して下さり、夜はおじいちゃんの手料理を御馳走になった。「米の炊き方を教えてやろう」と米料理を一緒に作った日もあった。おじいちゃんは事あるごとに感極まってむぎゅううう、ぶちゅううう、だった。そしておじいちゃんもおばあちゃんも話が止まらなかった。子供の頃ロンドン空襲に遭った話、ふたりの諸国旅行話、お母さんを看取った話、地元ピーク・ディストリクトやイギリスの歴史、各種うんちくや昔話に武勇伝、そして…自転車競技の話。これまでも自転車の話はよく伺っていたが、英語力の乏しさから、趣味で自転車に乗るのが好きな位にしか思っていなかったのだが、ふと見ると居間や食堂の棚には、所狭しと盾やトロフィー、レース中の写真が飾られ、さらにはおばあちゃんのレース写真も。おじいちゃんはスプリント選手、おばあちゃんはかつて女性で初めてツールドフランスに出場したイギリス女子チームの代表選手だったのだ。お二人は自転車競技で知合い結婚、かつてのライバルは今や皆60年来の親友という。帰路訪ねた親友ご夫婦も元選手。只の年寄り連中ではなくバリバリの元アスリート集団だったのだ。だからこんなに「熱い」のか!

 もう一つ、熱烈真摯な理由が判った。ご夫婦には子供がおらず、実の妹も早逝、残された一人息子を実子同然に可愛がっていたが、年明けに交通事故で亡くし、甥御さんの家族とは疎遠で、悠々自適な一方で寂しい思いもしているのだ。娘のように可愛がって下さるお気持ちを、肌で受止める事が出来た。おじいちゃんは、私が帰る日が近づくにつれ、食事が喉を通らなくなっていった。

帰国の日、次はいつ此処に来れるかと思うとお宅を出る際泣けてきた。すると「泣くんじゃない。君が泣いたら、わしも泣けてくるから」と余計泣けてきた。空港まで4時間もかけ車で送って下さり、時間の許す限り最後のお茶を楽しんだ。「さあ、わしらが守ってやれるのはここまでじゃ。無事に帰るんじゃよ」搭乗ゲートで3度お辞儀をして別れた。機内では泣きどおしだった。

 会えて良かった。本当に、夢のように楽しい幸せな数日間だった。

Jun. 2012

ハンブル・サーバントの独り言 Humble Mumble2 フル・モンティ

f:id:Tanu_LPT:20161226224320j:plain

昨今、介護問題は避けて通れない。今、イギリスの古い友達が母親の介護に直面している。
独身の彼は介護に専念するため10月で退職した。幸い、妹夫婦とも連携プレーを取っていて時折近況をメールしてくれる。エリザベス女王にそっくりで、自分の亡き母と同い年。昔、遊びに行った時は帰りにお弁当まで持たせてくれた。私自身、超ヘビーな両親の介護の経験があるし、IVYは「イギリスでもう一度会いたい人トップ3」のトップに常に君臨してる人なので、初めてそんな内容のメールをもらった時は複雑だった。
私自身介護中、IVYが手紙で、「大変だけど、両親は幸せよ。娘さんたちに愛されてるのがよくわかる。イギリスでも介護はとにかくお金がかかるけど、体に気をつけてね!」と励ましてくれた。
なぜ、「フル・モンティ」なのか。これは寂れた鉄鋼の町、シェフィールドが舞台で、失業年金を貰ってる冴えない男たちが、一念発起してメンバーを募り、しがらみに揉まれながらも男性ストリップ・ライブでお金を稼ぎ自信をつけてゆく、みたいな破天荒な内容だ。すでにミュージカルにまでなっている。
主演のロバート・カーライルは今や米ABCテレビの連続ファンタジー・ドラマOnce Upon A Timeの大重要人物を怪演するシブイおやじになってくれている。ストリッパーの中のひとり、歌も踊りもイマイチだけど一番「モノ」が大きい役を演じた俳優さんも消えずに、英国ドラマなどで重鎮役などをこなしている。メンバーの中でただひとり、公務員かなんかで職場の楽団に入ってる男性。母親と二人暮らし。地味で孤独で、イギリスによくいる赤毛の家畜系の顔立ち。もう死のうと思ってたところを救われ、仲間になる。彼が介護中だったのだ。欧米は割り切ってて、親の介護なんかしないよな~なんて、若い時は思っていたが、映画の中ではあまりのリアルさに筋書無視で、その場面になると泣いた。
セミ・デタッチド系の暗い小さな家に彼が帰ってくると、「どこに行ってたの?もう帰ってこないかと思った」とよろよろと階段から降りてくる母親。「どこにもいかないよ」と母を抱えて必死に二階にあがる息子。イギリスの一般的な、まあ、ワーキング系でなくても2階建ての家はなぜか風呂、トイレが2階にある。水の出も悪い。映画の一場面だが、連日の彼の心境を思うと辛かった。
結局、母親は他界し「モノ」の大きな彼が映画の行きがかり上、彼のホモダチになってしまうのだが(映画やな~)、実際の俳優さんたちがなんか照れながら、ディスコナンバーに合わせて11枚脱いでいき、スッポンポンになるラストに救われる忘れられない映画のひとつだ。まあ、客は全員女性で下品下品!訛ってて何言ってるかわかんないけど、下品!
Anyway, hang in there Peter! May the forth be with you!!!!
 
フル・モンティ (字幕版)

The Stranglers and friends live in concert

Live in Concert

 

 1980年、ヴォーカル兼ギターのH・コーンウェルが薬物所持で投獄されてしまい、既に決定していたストラングラーズのツアーに参加できなくなったため、やっつけで召集した「フレンズ」達がライヴに参加、ヒューの穴埋めをしまくった模様を収録したライヴ盤です。とにかく時間がなかったらしく、バンドと同世代のニューウェイヴ連のみならずロバート・フリップやピーター・ハミル、スティーヴ・ヒレッジといったプログレ界の巨頭が天衣無縫な解釈でバンド絶頂期の曲をやってます。まるで、担当不在中によその部署のお偉いさんが業務内容も確認しないまま勝手にクレーム処理をしてくれた翌週の朝、みたいな展開が単なる予定調和なコラボものとは大きく異なる醍醐味の珍作。(Receiver Records, RRCD195)

Apr.2013

 

マンプク宮殿1 干し芋と宮殿

f:id:Tanu_LPT:20161225185214j:plain

 最近にしては珍しく冬らしい寒さと乾燥が続く2017年初頭東京の冬、すっかり最高気温が零度を下回る環境での冬暮らしを忘れかけている私に18歳まで暮らしていた生まれ故郷の感覚が少し戻ってくる時というのはそんな季節。
 
 春、夏、秋はものごごろついた歳から50歳になろうとする今に至るまで住む場所は変わっても暮らし方、感じ方に加齢で身体が感じる衰え以外の変化は感じないのに、冬だけは18歳までと以降とで断絶を感じてしまうのは単純に気温や湿度、降雪の多寡だけではないように思える。そして今でも思い出す情景というのは冬の事象ばかり。大体は音楽と食べ物に関連。
 
昔懐かし干し芋 (平型)1kg
Dr. Budgie : ジェントルマンの原点 干し芋
 
 生家で冬のおやつと言えば干し芋。今はスーパーに行くとブランド芋で作ったものが妙に高い値段で売られていて歯応えの無さと甘みの強さに隔世の思いが強まるが、当時は焼いても固い、表面は白粉まみれ、ちょっとやそっとではカビない、甘さも微かにしか感じない、まさしく「ザ・保存食」みたいな風情の食べ物。それを学校から帰ってくるとテーブルの上の袋から2-3枚取り出し灯油ストーブの天板上にアルミホイルを敷いて数十分炙って軽く焼き目が付いた処で親の居る居間から抜け出してステレオのある二階へ上がる。同じくストーブの上の薬缶のお湯から作った緑茶と共に。
 
 当時、家のオーディオ機器は2階の3部屋ある部屋の1つに置いてあり、自分の部屋も2階にあった私は贅沢にもほぼ2階を占有していた。自室、オーディオ部屋、昼寝部屋…どんな贅沢な使い方なのやら。家族も誰も文句を言わない事を良いことに生涯最も贅沢な空間を満喫していたが当然そういう状況なので自分が上がるまでは暖房の類は一切入っていない。
 
 地球温暖化の影響なのか今はそこまで寒くならないが、当時は最高気温が零下の日々が数週間続くのが当たり前、夕方、太陽が沈むと間違いなく外に存在するものは全て凍り付く状態では暖房無しでは部屋の中も吐く息も白い。利口な人なら暖房を点けた後、一度居間に戻り家族と談笑しつつ部屋が十分暖まった後おもむろに部屋に向かうのが正しい。でも、それはしなかった。何でだろう?反抗期らしい反抗期はなかったつまらない子供ながらやはり親と同じ空間に居るのが嫌だったのもあるのですが・・・とにかく一刻も早くレコード聴きたかったから!
 
IN THE COURT OF CRIMSON KING クリムゾン・キングの宮殿 [12
Dr. Budgie : ジェントルマンの原点 クリムゾン・キングの宮殿
  
 中二の春に当時の友人宅で「姉の持ってるレコードでこんな変なジャケがあるぞ!」と見せられた赤ら顔の森進一が絶叫してる絵が表紙のアルバム。ゲートフォールドジャケの中面を見ると今度は変態としか言いようのない男がニャニヤ笑っている絵。曲は5曲だけ・・・一曲が長い・・タイトルは「精神異常者」とか「墓碑銘」とか「宮殿」とかで普段聴いてる「ラヴ」とか「ベイビー」とか「ロックンロール」とかいう高揚する単語ではなくなんか嫌な感じの言葉が並ぶんですが、聴かされた瞬間「このアルバムは自分のために存在する!」と思うくらいの激烈な衝撃を受けた、というと月並みな表現になりますがあれはインプリンティングみたいなものなのでしょう。親は?「プログレ?」はたまた「憂鬱な音楽?」
  
 中2の冬入るころにようやく自分で入手して、そこから朝学校行く前に聴き、帰宅したら聴き、夕飯食べたらまた聴く。を繰り返して中2の冬は終わりました。後にも先にもあんな1枚のアルバムを聴き狂った事はないでしょう。そしてその時手元には干し芋があった。今は脳内完全再生が可能な為、家で実際の音を聴くことはあまりないのですが、たまに聴くと頭の中には白く粉を吹いた干し芋が常にセットで浮かんできます。「干し芋こそが我が墓碑銘」でございます。
 


KING CRIMSON - EPITAPH (GREG LAKE VOCALS) BEST VERSION

'Dried sweet popatoes will be my epitaph' - 英語にするとちっとも面白くない

 
 それ以降、生家を出るまで暖房なしの部屋でレコードを聴く習慣は続いたのですが、あの時外に見えた風景(灰色の空と白色の地面と16-17時位の薄明)と合いそうな音楽を探し続けているような気がしてなりません。呪いみたいなものですね。

episode 1205 : Travel with hope, travel with joy : one

f:id:Tanu_LPT:20161225183417j:plain

「おじいちゃんに会いたい(前篇)」
 
 
 5月の連休を利用して、イギリスへ行った。3年前海外オークションで知り合い、今ではメールや電話で頻繁に連絡を取る昵懇の仲となったデイヴ翁も御年80、今は元気でもいつ急に連絡が取れなくなるかもしれない、これだけ仲良くして頂いて一度も会えなかったら一生後悔すると思い、お元気なうちに一目会いたいと思ったからである。2月末、おじいちゃんにご予定を伺うと「何と…遠路わしらに会いに来てくれるのかね?!万歳!万歳!!」と猛烈に喜んでくれた。電話におばあちゃんも出てくれた。…この猛烈っぷりは、ほんの序の口だった。

 ロンドンから列車で2時間、そこから車で小一時間、ピーク・ディストリクト国立公園内にあるお宅に伺うのだが、日本の感覚で余り長居してはご迷惑になると思い、空港到着後、時差調整を兼ね正味1日ロンドンに滞在し、週末からお宅に2泊させて頂き、帰国前日には再びロンドンに戻りたい旨伝えると、何と「ヒースロー空港迄わしが車で送っていくから、是非とも帰国する迄うちにおりなさい。途中、わしの親友宅で休ませて貰うし」と仰るので、そんな長距離をお年寄に運転させ、お友達にまで御厄介になるのは何とも恐縮だったが、一歩も引かないご厚意に甘え3泊する事にした。その上ロンドンから最寄駅迄の切符を手配して下さる際「何時頃こちらに来るかね」と聞かれ、少しでもご負担を減らそうと「昼頃でしょうか」と言いかけた所「朝8時?9時かね?」…ロンドンで5時起き?!さすがに自信がなかったので、正午前につく列車でお願いした。程なく、おじいちゃんから予約してくれた切符が届いた。中には

「夢と希望を抱いて 無事においで」

と書かれたカードと共に、1等車の切符が入っていた。

 日本出発までのメールには必ず「会うまであと何日」と書かれていた。一方、「ひとたびイギリスの土に足が触れた以上、全責任は我々にある。単独行動中の詳細な旅程表を我々に連絡し、危険な目にあっていないか、空港やホテル、駅についたらその都度必ず電話するように」と、初めてのお使いばりに心配している。そこでロンドンでは外出しても夕食はホテルで取る事にし、6時迄にホテルへ戻り電話します、と事前に伝えたが、色々見て歩くうちホテルに戻るのが6時を過ぎてしまった。部屋で一息ついてロビーに降りたら、フロントの女性が電話口で私の名前を口にしながらもめている。幸子は私ですが何か、と割って入ったら、電話の主はおじいちゃんで、心配でホテルまで電話をかけてくれていたのだ。なんでこうまで熱烈真摯にして下さるんだろう?

 翌朝、ホテルを早々に引上げ、いよいよおじいちゃん夫妻の待つチェスターフィールド駅へと手配して頂いた1等車で向かった。丁度イギリスも3連休の初日で車内は満席、降り立ったチェスターフィールド駅は昇降客でごった返していた。一通り人垣が切れると、遠くに大きく腕を広げたまま、笑顔で固まっている白髪の男性が見えた。…おじいちゃんだった。既に感動で顔が赤かった。
次回、感動の対面、そして幸子号泣、熱烈歓迎の理由が明らかに!!

May 2012

ハンブルサーバントの独り言 Humble Mumble 1 王様と私

f:id:Tanu_LPT:20161226224320j:plain

仲のいい台湾の従兄の長男の嫁がタイ出身の華僑で、(米デンバー大で知り合っていて、二人の共通語は今も英語で不思議)今年の夏休み、従兄の好意で私もタイの家族旅行に混ぜてもらった。

一生行くことはないだろうと思っていた国なので、せめてもの敬意の印しにタイ関連の映画でも見て歴史でも深められたらと思い、当然最初に思い出した映画が「王様とわたし」だったが、ユル・ブリンナーの強烈キャラ以外、何も深められなかった。
しかし現地に行って大納得した事があった。高い便座の上にのぼってしゃがんで、摑まるバーもない不安定きわまりない、最後に横にある水桶から柄杓で水を汲んでセルフで流す純タイ式トイレとかじゃない。
アユタヤ初日に泊まったタイ式B&Bだ。こんなところに何があるの?ここに道が?え?え?ここで親戚とはぐれたら、トラに食われるか、餓死するか、売られるか(売れね~よ!)そんな場所。なんでもかんでもタイ嫁Lyはスマホで調べながら貸切小型バス(フルーツ柄)の運転手に指示を出していく。
木造の、誰でもイメージできる、ああ~タイ~と思うその造り。何棟かあり、2階建てで中庭を挟んでコの字型。エレベーターなどないが中もすべて木造り。角の部屋をもらったが、どの部屋も一つの内ドアで繋がってて鍵はかかってるがグルッと行き来ができる。まあ、ホテル形式に改造したわけだ。私たち(総勢12人、5歳~78歳)以外に白人親子が数組滞在していた。ネットの普及でこんな人里離れた場所でも商売ができるのか~。部屋数あるしな~。生成りのカーテンから漏れる朝日と小鳥のさえずりで朝を迎えた。
朝食中、従兄が教えてくれた。「ここはもと大富豪の別宅でな。元々お妾さんたちの為に建てたんだってさ!わっはっは!」王様とわたしを地でいってる富豪が本当にいたのだ。こんなのほんの序の口。数々のすばらしい思い出を胸に刻めたタイ旅行だった。とにかく観光客が白人さんだらけなのに驚いた。それも英語圏じゃない白人。でもロイヤル・パレスで「押すんじゃね~よおおおお!」と丁寧な英語で私に絶叫させたのは、やはり中華大陸グループだった。
行きがかり上、到着初日、フルーツ柄バスでトイレタイムで寄ったど田舎のセブンイレブン(まわりは舗装も何もされてなくボコボコ)の純タイ式トイレの洗礼を受けた後、夕方6時だというのに車窓の右側に大きな虹が出て、「よく来たね~」といつまでもいつまでも伴走していてくれた。
王様と私(2枚組) [DVD]