Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

LPT annex

whatever LPT consists of

Lee Ranaldo / Between the Times and the Tides

ビトウィーン・ザ・タイムズ・アンド・ザ・タイズ

ソニックユースの浪人生風情ギタリスト、リー・ラナルドの初歌ものソロアルバムです。バンドはフロント2人が離婚して以来活動していない様ですが、このままソロで良いのでは、と思う程の秀作で、白眉は1曲目でストーンズの黒く塗れ!のイントロフレーズがホーホケキョ!!なら、ホーホケ、ホーホケ…というフレーズがシークエンスするサイケデリックナンバーは何度聴いても心奪われます。奇をてらった斬新な印象はないけれど、脇を固めるウィルコや元ソニック・ユースのメンバー達が好演、リーの穏やかなヴォーカルを盛上げます。春の必携アルバム。(ホステス,BGJ10147)

Apr. 2012