Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

LPT annex

whatever LPT consists of

episode 1109 : Danger Spot

life is life

「デンジャースポット」

 桜台に住んで14年目になるが、住み始めた頃はぼろぼろの駅舎にぱっとしない駅前、地味な住宅街という印象だったのが、駅が高架になってから徐々に再開発が進み、最近では個性派ラーメン店の激戦区となったりして、あちこちで行列ができるなど中々面白くなってきた。高架下も有効活用し、大型スーパーやファミレス、パン屋に惣菜店、そして今ではどこの駅でも大概ある、最大手ファストフードチェーン店が改札前にでき24時間営業・無線LAN対応となってからは、駅としての利便性も向上した。ただ一つの問題を除いては。

 この店のただ一つの問題、それは早朝から見るからにデンジャラスなお年寄り達が押寄せ、赤ペンを舐めながらギャンブルの予想を立てたり下世話な話をしている事だ。皆タバコを吸うので、早朝の店内は煙で真っ白。耳が遠いので声もでかくなり、狭めの店舗なので盛り上がっている時は最悪だ。そう、ここは桜台有数のデンジャースポットなのだ。特に小さいお子さんを持つ家庭は、朝だけは利用しない方がいいだろう。以前、早朝メニュー時間の禁煙化に伴いここの店舗も禁煙になったのだが、ジジババの猛烈な反発をくらい、喫煙OKに戻ったそうだ。店舗全体を見ても、禁煙席が殆どない。24時間営業なので、冬など日の上がらないうちから来ている。朝が早いのはさすが年寄りだ。ちなみに昼時にはすっかりいなくなり、ごくありふれたファストフード店の顔になる。どこにでもあるチェーン店だから利用する機会も多いが、禁煙を喫煙に戻した店なんてここしか知らない。猛反撃してるジジババの様子が見たかった。ギャンブルネタの他に年寄りらしく「おう、誰々はどうした」「ああ、どこどこが悪くて入院したってよ」「あいつも年だから養生しねえとな」的会話が物凄い他人事風の口ぶりで繰り広げられている。明日は我が身ではないのか。皆食べ物は取らず、100円のコーヒーだけを頼んで何時間もいるのだ。

 週末の朝、時々主人と散歩をするのだが、散歩のゴールにここでモーニングセットを食べるのが主人のささやかな楽しみだったのが、愛煙家の主人もけむに巻かれるほどの白煙と下品な会話にいたたまれず、今では必ずテイクアウトにしている。近所に引越してきた姉が、朝食をこの店でゆっくり済ませてから出かけようと、何も知らずにセットを注文しジジババに接近遭遇、そのうちの一人が「お湯ちょうだいよ~」とレジにお湯をせびっていたという。クスリでも飲むのだろうか、店員も慣れたもので顔色一つ変えずはいはい、とお湯を渡していたそうだ。

 いつもの仲間といつもの場所で会う安心感。独居老人も多いだろう。家で黙っているよりは、どんな話題でも誰かと話していた方がいい。ただ、何かあった時、誰一人頼りにならなそうなのが少々心配だが。

Sep. 2011

追記 Aug. 2015

その後、上記店舗は他のチェーン店舗同様全面禁煙となりましたが、それと同時にジジババ客は消失、と同時に一服の休憩に立ち寄っていたリーマン客も、ひいては昨今の食品偽装事件によりファミリー層も寄りつかなくなり、とどめはコンビニの100円コーヒー普及による客単価が最も安いコーヒー客すら来なくなったため閑古鳥いななく不回転店舗へと没落、駅前にある唯一のファストフード店ですがいつか整理されてしまうのではないかと戦々恐々としています。ちなみに我々夫婦ももう2年近く利用していません。諸行無常。