Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

LPT annex

whatever LPT consists of

episode 1204 : A Torrential service

「ゲリラサービス提供中」
 
 天気の良い日は会社から大手町まで歩いて帰る事が多い。先日、八重洲仲通りを通り東京駅へ向かう際、ふと進行方向左側に蕎麦屋が3軒横並んでいる事に気づいた。立喰そば屋、隣も立喰い、そのまた隣は普通のそば屋…あれ?真ん中の店は「手作りインドカレー」とも書いてある。そば屋でインドカレー?「たぬき&インドカレー」「朝カレー定食」冗談ではない様だ。丁度お腹も空いていたし、立喰そば屋のインドカレーとはどんなものかと話の種に注文した。

 店内は、痩せて少しワルな雰囲気の初老男性2人が受付と奥で切盛りしていた。出てきたのは完全に蕎麦屋のカレーではなく、骨付チキンと刻みトマト、ローリエがゴロゴロ。肉は完全にほろけて、辛いというよりスパイスの香りが口いっぱいに広がり、実に美味い。くせになる刺激的な味だ。辺りを見回すと、「手作りパウンドケーキ」「今週のインターナショナルそば」など、頭が混乱するようなメニュー満載、客も「チーズそば」「たぬきラーメン」と聞捨てならない品々を注文している。そしてBGMはモータウン。ここでBGMがジャズだったら、企画物チェーン店系の演出だが、モータウンという所で骨を感じた。

二日後、会社の友人を連れて再訪した所、彼女の頼んだカレーそばには、所謂そば屋王道のカレーあんではなくめんつゆにインドカレーがかかっていた。相当美味かったらしく、彼女は汁まで飲み干した。肝心のそばは、のび気味で普通に立喰そば屋のクオリティだったという。一方私が注文した和風カレー丼はカレーあんで、ご飯が余りに多かった為、追加でかき揚を頼むと、強面のおじさんが嬉しそうに「つゆ、かけてやろうか?それとも…」と、紅生姜のかき揚にかけてくれたのはインドカレーだった。写真を撮ったら「SNSにあげんなよ!サービスなんだから」と、とっさにおじさんの口からSNSという言葉が出たのも驚いたが、カレーがけはおじさんの気持ちだった事にも吃驚した。

週明け、今度は主人にもカレーを食べさせようとテイクアウトする事にした。私はカレーにゆで卵とふきのとう天、テイクアウトもカレー1人前に天ぷらだ。受付のおじさんは顔を見るなり「お、来たな!友達はどうした」と言うので、「仕事でふられたよ」と答えたら「つれない友達だなあ」と満面の笑み。天ぷらはカレーのトッピングにしてもらおうと思ったら「まずくなるよ」「めんつゆかけてやろうか」と、わざわざ別皿にしてくれて、カレーには崩れてない骨付き肉を拾ってどーんと乗せてくれた。食べている最中も「食べ終わったら言ってね」等やたら声をかけて来て、お土産分の天ぷらは揚げおきがあるにも関わらず揚げたてだった。おじさんの自由闊達サービスは、完全に立喰そば屋の常識を逸脱している。しかも凄く楽しそうだ。カレーには主人も感服していた。

 何が主役かわからない常識外れのメニュー、その中でも抜きんでて美味しいカレー、そして立喰そば屋としては驚愕のサービスに、新年度の疲れも吹飛んだ。ありがとうおじさん。また来るよ。気づいたら週3回も通っていた。

Apr. 2012