LPT annex

whatever LPT consists of

Episode 1706 : I would talk about it when I went to heaven 1

f:id:Tanu_LPT:20161225183417j:plain

冥途の土産話 1
 
これだけは墓場まで持って行き、鬼籍の人びとに是非とも聞いて頂きたい「冥途の土産話」を、墓場へ行く前に備忘として綴っておこうと思う。
 
今から7年前の5月、介護中だった父が亡くなった。生前の父看取り介護については過去に書いたが、 それに負けじと劣らず忘れられない思い出がある。
 f:id:Tanu_LPT:20170609145557j:image
在りし日の父 20代
 
納棺の日、忌引きに突入した私は、姉と主人合わせて3人で納棺に立ち会った。互助会に加入していた父の葬儀は提携している区立の斎場で取り仕切られ、葬儀前から葬儀後まで、葬儀会社が事細かに面倒を見てくれた。納棺当日も、会社でいえば営業担当のような男性が朝から車で迎えに来てくれて、納棺では、定番の死に装束ではなく生前お気に入りだったスーツに身を包み横たわる父を「お父さん、ちょっとチョイ悪にしてあげましょう」などシャツの襟元を立たせたりと、湿っぽくなりがちな納棺の場をよく響く低音の声と意外な展開で盛り上げる、中々ノリの良い方だった。
 
納棺が滞りなく終わると、少々不便な場所にある斎場から実家のある板橋まで、営業さんが再度車を出してくれる事になった。右に姉、左に主人、後部座席に横並び3名、営業さんの運転で帰路に向かう途中、間に挟まれぼんやりと携帯電話のニュースサイトを見ていたら「レインボーの元ヴォーカリスト、ロニー・ジェイムス・ディオさん69歳で逝去」という訃報が飛び込んできた。主人と結婚して音楽の趣味が拡がり、実家では聴いたこともなかった70年代ハードロックもBGMのひとつとして普通にかかるようになった中で、卓越した歌唱力で迫るロニーのヴォーカルはジャンルを超越した壮麗さがあり、我が家では「サブちゃん」と親しく呼ぶまでになっていた。特に初来日公演を収録した「レインボー・オン・ステージ」は元気が出る一枚として愛聴盤となっていたので、急な訃報に思わず「えっ、ロニーが亡くなったって」と声に出してしまった。レインボーリアルタイム世代の姉も「えっ、ロニーが」主人も「えっ、ロニーが」その瞬間、
 
「えっ、ロニーが」
 
それまで黙って運転していた営業さんが、突然後部座席にきびすを返して叫んだのだ。
我々3人は、ロニーが急逝したよりも営業さんが突然、しかもロックな話に割って入ってきた事に一同衝撃を覚えた。
 
営業さんは、堰を切ったように「私は、中学生の頃からドアーズが大好きで、その流れから洋楽にはまりまして…」と、自身のロック遍歴を延々と語り始めた。後部座席の3人はいずれも洋楽には腕に覚えのある者ばかりだったので、それからというもの実家に着くまでの間、4人で猛烈にロック談義に花を咲かせ、あっという間に帰宅した。
 
翌日からのお通夜から告別式の流れも、親しくなった営業さんがさらにきめ細かく我々や参列者をねぎらい、段取よく式を執行してくれた。いよいよ出棺の場においてもノリよく「やはりここは、ジ・エンドですよね」と話しかけてくれたが、さすがにそれは親族の面前で大きくスベっていた。
 


在りし日のサブちゃん 1977年ミュンヘン公演

ハンブルサーバントの独り言 Humble Mumble 6 お父ちゃんの初七日 Seven Days in Heaven:父後七日

f:id:Tanu_LPT:20161226224320j:plain

台湾の葬式は変わっている。まあ、アジアはどこもそうだと思う。あっちから見たら日本の葬式はかなり楽な「手抜き」に見えるらしいが。

ハーフなもので、台湾の葬儀には数回呼ばれた。日本のように亡くなった後1週間以内にはすべて終わってるとか、そういうんじゃない。松竹梅、鶴亀狸とあるのだが、父の一族は偉い人が多く本葬は1か月後なんてザラだった。私たちはいつも最後のファイナル・セレモニーに呼ばれるわけだが、その1日だけでもすごい労力と装飾が見てとれた。

親が亡くなった場合、子供たちは独特な装束を身につける。男女違う。従妹とか姪になると、序列別にまた違うものを被ったり腕に巻いたりする。仏教ではなく、道教と何か混ざった独特の雰囲気で、立ったり座ったり、立ったり座ったり、拝んだり、拝んだり、司会者の掛け声に合わせて、皆動く動く。クライマックスになると、やっぱり、なんか、プカプカドンドンの楽隊みたいのが出てくる。祭壇には各種果物、お菓子、飲み物、豚の頭など飾ってある。

日本語のわかる年配の親戚が「殺生するな!」とお供えを見て憤慨していたので、豚の頭は限りなくオプションなのかもしれない。笑顔なんです、豚さん。

参列者の最後は地元の国会議員だったりして、故人が偉ければ偉いほど、それは顕著に現れ、垂れ幕なんかにも議員さんの名前が書かれていた。去年末亡くなった最年長の従姉(83)の葬儀では、献花が全部胡蝶蘭で豪華だった。日本で言うところの最後の精進振る舞いのお食事も、円卓で腰が抜けるほどの御馳走三昧で、トリを飾る上海ガニのおこわをドギー・パックにしてくれ姉妹でこっそり日本に持って帰った。

 

たまたま見つけたこの台湾映画は、台湾南部の田舎町、彰化県田中での、ランクでいったら「ツルカメタヌキ」の「タヌ」くらいのランクだろうか。台北の外資系で働いてる長女、地元の夜市で働いてる弟の父親が急死し、その葬儀を通しての慌ただしさと悲喜こもごもをベタベタに描いている。変な恰好の導師の指示に従って、姉弟が言われるままにふり回されるように父を弔っていく。日時なども風水で決める。縁起もかつぐ。盛り上げ方などは地域と予算によっても様々だとは思うが、この映画ではかなり庶民的な台湾の葬儀を「はああ~」と見ることができる。やっぱり地元の議員さんも売名行為に来る。

いつも煙草をふかしていたお父ちゃん。夜市でエッチな下着を売ったり、カラオケで熱唱したり、お父ちゃんの思い出は案外下品だがリアルだ。「故人の好きだったものを」と導師に言われ、弟が慌ててヌード雑誌を取りにいき棺桶に入れたりする。

それでもLife Goes On.何がなんだかわからないまま、葬儀後姉はさらに上級の外資会社に転職し、香港や日本など飛び回るようになる。慌ただしく過ぎていく日常。葬儀があったなんて嘘みたいに。でも、空港で移動中、いつも父親が吸っていた煙草のパッケージがふと目に入ると、姉はいつまでも泣き続ける。

台湾語はわからないので英語字幕で見ました。この映画、父と一緒に見てみたかったな。

お父ちゃんの初七日 (父後七日) 台湾映画OST (台湾盤)

 

Metro / Metro

Metro


 私の今年上半期ベストに輝く1枚です。70年代モダンポップですが、美しい旋律にのる歌詞は、韓流も真っ青のベタベタ悲恋もの。中心人物のダンカン・ブラウンはVo.のピーター・ゴドウィンとはゲイのカップルだったらしく、破局後脱退。闘病の末‘93年に逝去しました。やっと再発されたのに、悲喜こもごもです。(エアー・メイル・レコーディングス PGL-9404)

May 2006

 

マンプク宮殿5 南部煎餅と偽り

f:id:Tanu_LPT:20161225185214j:plain

 実家から東京へ出てきて驚いたのが食料品店の煎餅陳列棚に南部煎餅が殆ど見当たらない事だった。家の食卓上に煎餅が置いてあればそれはほぼ南部煎餅、それ以外のものは稀であった環境で育っていた私にとって地域的な食文化の差異を思い知らされた一件。食文化に於いて井の中の蛙状態だった私に更に衝撃を加えたのが音楽。逆の意味で。

小松製菓 南部田舎ごま 12枚×5袋
色々な地場メーカーが出していますが、東京では手に入りにくい南部煎餅 薄味な黒ゴマ付のタイプが最も定番

 

 テクノポップ→プログレ→パンクという変遷を辿った私は「パンクって格好良いけどバンドによってはただのロックンロールにしか思えないな。横浜銀蠅とかキャロルと変わんないようなのもいるし。」という不埒な考えをいだいていた。(どのバンドを指しているかは言わない)なんかもっと普通じゃない奇形な音、プログレとパンクが合体したような音って無いのか・・・と情報に飢えた私は音楽雑誌を読む事にした。

○ロッキングオン→せいぜいPIL位までしか取り上げてくれない。LED ZEPはもう沢山だよ!

○ミュージックマガジン→自分が興味持ったアルバムはことごとく中村とうようが0点つける。ロボコンかよ!今野雄二は興味持ったアーティスト取り上げてくれるけどこの人の文章嫌い。(お二人とも故人ですね・・・)

○ZIG ZAG EAST→書店で1回だけ見たがすぐ廃刊なったみたいで見当たらない。

○ロックマガジン→関西の雑誌で誌名だけは知っていたが売っている店がない。

 で、出会ったのが「FOOL’S MATE」。この雑誌は時期によって扱うジャンルの変遷が激しく紙媒体として発行していた最後の頃はビジュアル系バンド専門誌になっていた。私が見つけた頃は極初期のプログレ雑誌から海外のポストパンク、ノイズ系を取り扱い出す移行期の紙面構成だった。多分15-16号位を本屋で発見して読んでみると自分の知らないバンドがワサワサ乗っている中にTHE POP GROUPのライブレポートやクリムゾンの復活作disciplineの評論が載っている。これも故人だが当時の編集長北村昌士氏の文章で「今のクリムゾンを聴く位ならTHIS HEATの方が数段良い!」という絶賛を真に受けた私は丁度国内盤で出たばかりの2NDアルバム、DECEIT(邦題「偽り」)を買ってみた。

 Deceit [Analog]
原題、Deceit。邦題「偽り」 このジャケ、子供の頃超怖かった…

ジャケット、人の顔にキノコ雲がコラージュされたデザイン、裏ジャケもタイポグラフィーのコラージュで既に不穏な感じが全開。

 音聴き始めて・・・「キタキター!これこそ自分の求めている音楽!」と大興奮。曲の構成が奇妙に捻じれていて大音響から急にテープコラージュしたミニマルな音に展開。歌も童謡風のメロディーから一転してデス声の絶叫。そしてドラムの音が異様に格好良い。「こりゃあ凄い!超名盤!」と確信し家に遊びに来た友人や従兄達に聴かせたが皆「何?この根暗な音」とか「ビョーキだなあ・・・」とかまともに取り合ってくれない。

 こんな名盤をなんで周りの人は誰も判らないのだ!→でも雑誌でも凄く絶賛していたし、きっと東京に行けばこういうものを好きな人たち沢山いるはず!とミドルティーンならではの浅はかな思い込みに囚われた私はそのままの状態で東京へ出てきた。

 結果、東京でもあまり知られていなかった。地元では学校で自分1人だったけどこっちならクラスに1人はこういう音聴く奴いたりするよね!と思っていたが、友人に「あー、あんたが好きなような音楽を聴く奴なぞ学年で1人か2人位なもんだったよ」と言われやはりマイナーなものはどこ行ってもマイナーなのだなと思い知った18の秋。

 東京に出てくれば様々な文化が百花繚乱と思いこんでいた浅はかさを俯瞰で見られる歳にはなった。南部煎餅は地元の駅で土産物の目玉として盆正月は凄まじい勢いで売れていく。でも未だにTHIS HEATは辺境の世界で密かに聴かれているだけだ。南部煎餅を食べる回数とTHIS HEATを聴く回数だったら圧倒的にTHIS HEATを聴く回数が今でも多いのだけど。まだ浅はかな思い込みだけで生きているのかも知れない。 

岩手屋 おばあちゃんの南部せんべい しょうゆ 12枚×5袋ジェントルマンが薄ゴマ味の次に好きなのが、この薄ゴマ味に醤油を塗った醤油煎餅。彼は上京するまで醤油煎餅といえばこれの事だと信じて疑わなかった

Episode 1705 : The Disappointed / prologue

f:id:Tanu_LPT:20161225183417j:plain

練馬残念猫 序章
 
練馬に住み始めて19年になる。すなわち生まれてから来し方ざっくり6割を池袋、4割を練馬で暮らしたことになるが、実家も現在の住まいも賃貸住宅の為、基本的に動物は飼えない。こっそりインコや魚を飼ってもみるが、主人も私も実は大の猫好きで、しかも家では飼えない環境下にあるので、いつも猫欠乏症に悩まされている。それでは猫カフェに行ったり人のうちの猫と遊ばせてもらったりすれば気が済むかといえば、そうでもない。ある意味プロの猫や飼い猫は、しょせん仕事やご主人の顔を立てて我々の相手をしているのがありありとわかるので、不完全燃焼度が高いのだ。そのうえ二人とも猫に対する美的感覚が徐々に倒錯し、身ぎれいで整った猫ではなく、造作がまずい、例えばたった一つのひげブチのおかげで台無しになっている親父顔のメス猫や、3歳児のお絵かきにも似た、全身ほぼ水玉状態の見ていて不安になるような白黒バランスの悪い猫など、もうちょっとここがこうだったらよかったのに、といういわゆる「残念猫」系に眼がなく、ペットショップや猫カフェでは決して出会えない、残念柄の地域猫や真性野良猫の日常に、どれだけ食い込めるかが満足度の指針となってしまった。
 f:id:Tanu_LPT:20170519163625j:image
練馬残念猫 例1
 
ブサ可愛いのレベルを超えた、時に息をのむほどの残念ぶりに心が躍るようになってどれだけ経つだろう。しかもここ練馬は残念猫の生息率が非常に高いような気がする。戦前は農地だらけだった練馬は、空襲の被害もなかったのか、区画整理が全く行き届いておらず、あちこちに行き止まりや無駄な敷地が散乱しており、車が入ってきづらいため、野良猫や地域猫が運よく暮らしやすい立地になっている。放置住宅の庭で子育てし、近隣の方から着かず離れずに食事をもらい、平気で人のベランダで授乳していたり自分らが育った空家の庭で数匹玉になって暖をとったり、道路の真ん中で首をがっくり落として死んだように寝ている奴もいる。そういう、ある意味昭和の猫づきあいを彷彿とする距離感で、いつもどこかに猫がいる。しかも、かなり残念な面構えで。その中でも時折、突出して懐っこい猫がいたりもするが、さすがにそういう人当たりの良い猫は、昨今動物虐待の観点から危険な目に遭う可能性がある為、仲良くなったと思うと地域猫活動員のあっせんで、さっさと人に貰われていく。そして残るのは、いつも目が合うと一目散に逃げるか、様子を見て逃げるか、機嫌のいい時だけ触らせてくれてあとは逃げる、危機管理の行き届いた者ばかりで、その触るか触らぬかのせめぎ合いに、血中猫濃度がいやがおうにも向上するのだ。
 f:id:Tanu_LPT:20170519163833j:image
残念猫 例2
 
この悪癖は特に主人に強い。友達が飼い猫の写真を送ってくれるとだいたい普通に可愛いので、主人はあまり喜ばない。彼は血中猫濃度が低下すると挙動不審になるので、わざわざ地域の残念猫会いたさに通勤路を変え、練馬へ買い物に行くという名目で、近所の野良猫がいそうな道をくまなく通り、2割がた遠回りで練馬のスーパーへ行くのが毎週の恒例行事となり、週末は「ライフ、行く?」が朝の挨拶がわりだ。
 f:id:Tanu_LPT:20170519164008j:image
残念猫 例3
 
これから、今まで出会ってきた練馬残念猫の半生を、折々の出来事と共にひとつひとつ綴っていこうと思う。
 
 
 

ハンブルサーバントの独り言 Humble Mumble 5 真珠の耳飾りの少女

20161226224320

台湾は様々な国に支配されてきた。明の一部としてオランダと戦った17世紀。結局1624~1662年の37年間も南部を首都として統治されていた。その中心地に建てられたゼーランダ城は今でも観光の名所だ。台北とは違い、何かのどかな台南。父も南部麻豆(まとう)の裕福な商家出身なので(親族でただ一人日本に帰化して最後倒産。アハハ)親戚が何回か観光案内してくれた。スペインやポルトガルも跋扈していた時代、ゼーランダ城を取り巻く城下町には地元民に限らず本国オランダから派遣された軍隊や商人、職人その家族など活気ある日常がくり広げられ、文化的にも様々な交配が織りなされていったのだろう。当時の面影を残す狭い裏路地など、’16年末に妹と訪れた時、安平区というまさしくオランダ政権のメッカで、現地名物、「爆蝦せんべい」を恥ずかしいほどお土産に買ってもらった。1個でもバルキーなのに、ひとり4袋、巨大な赤い屈強なビニールに入れて「荷物になるけど」と持たせてくれた。荷物になったよ!うまかったけど!

帰国着、買いっぱなしで7年間しまい込んでいたDVD「真珠の耳飾りの少女」を見てぶっ飛んだ。
フェルメールがオランダ人だったことを今更ながらに思い出し、主演がコリン・ファースだし、見てみるか~程度の、私のバカ!まさしく、17世紀オランダ、デルフトが舞台なのだ。この時代、貴族ではなく商人が交易を通し、巨額の財を築いていたという。そこにはアジアからもたらされた美術品や文物もあったはずだ。ウィキペディアでも当時のオランダ文化を知りたいなら、フェルメールの絵画を見てみるといいと出ている。映画の筋としては画家フェルメール一家に奉公にきた、貧しくとも色彩感覚にたけた少女と、旦那様(フ氏)との魂のタッグから名画「真珠の耳飾りの少女」が誕生する、切ないラブロマンスとして仕上がっているが、小説がもとになってるので、ほぼフィクションらしい。「あんなに大きな真珠の耳飾りもモデルも存在しない論」が最近は主流だという。奥様の嫉妬、ヒステリーもすざましいものがあるが、筋書うんぬんより、とにかく建物、運河、庶民、金持ちが着ている衣装から目が離せなかった。長崎カステラのパッケージに書かれているような広いつばの帽子を被り、中途半端なロンゲに寸足らずのズボンにマントの男性。豪華なドレス、素敵な髪形。でもイギリスのそれとも全然違う。女中たちはみな髪を隠し白い頭巾を被っている。賑わう市場。捌きたての豚、鶏、魚、野菜。窓から刺す柔らかい光。この映画は場面場面がそのまま絵画のようだ。ただ、こういう時代のオランダ人が財にものを言わせ、遠路遥々船に乗って台湾に行き、現地人を労働力にし、ある時は圧政に蜂起した漢民族を虐殺したのか、本国ではこういう生活をしている人たちが、南の島に行った家族を待っていたのか...などなど、中年女の胸中は違うベクトルから感無量になっていた。オランダの黄金時代は短く、英蘭戦争やフランスの侵略で経済は大ピンチになり、リッチなパトロンを得ていたフェルメールも破産している。
台湾のオランダ統治も鄭成功の猛攻撃によりあえなく終焉を迎えている。20代の頃、初めてゼーランダ城界隈に行った時、鄭成功の前で頭を下げて降伏している有名なオランダ人の銅像の前で、当時何も知らなかった姉妹は同じポーズをして写真を撮ってもらっているのでした。私46キロ、妹60キロでした。 

真珠の耳飾りの少女 通常版 [DVD]

 

Curved Air / Live

ライヴ(紙)


 1975年リリースされた初期ライヴのリマスターです。どうもこのライヴは、バンドが活動停止中に興行主の金策でやらされたらしく、本来は鈴を転がしたような美声の紅一点、ソーニャ・クリスティーナが一転、頭にたらいでも落ちたかの如く狂唱、完全に針が振切れてます。彼女自身、当時小さな子供を抱えた上無一文同然だったそうで、荒れるのもわかる気がします。カーヴドエアは曲が泥臭く、本来は「圏外」なんですが、何より聴いてて妙な元気が出るのでこの盤だけはお勧めです。(アルカンジェロ ARC7019)

Jun. 2007