Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

LPT annex

whatever LPT consists of

episode 1208 : nephew K's extraordinary life chapter II

f:id:Tanu_LPT:20161225183417j:plain

「甥っ子Kの非日常Ⅱ」
 
 父が逝って3度目の夏が来た。毎年旧盆に催される霊園での行燈供養に今年も姉妹揃って参加した。今年は、長らくの地方ゲーセン赴任が昨春漸く終了し、
晴れてゲームソフト開発会社の本社勤務となり東京に戻ってきた甥っ子Kも来てくれるとの事。本社でも忙しく、月間120時間もの残業をこなすKにとってたった2日間の夏休みのうち1日をお墓参りに充ててくれる彼の優しさに感謝した。

夕刻霊園につくと、既に蝋燭の灯された行燈がお墓の前に幾つも並べられ、幽玄なあかりがほんのりと揺らいでいた。夕空はあっという間に夕闇となり、行燈に照らされた各々の顔もはっきりと見えない程に暮れた頃「これより、卒塔婆供養を行います。皆様、黙祷をお願い致します」と放送が入った。1年間、墓石に寄り添い故人を弔い続け、風雨に枯れた卒塔婆を供養すべく、お焚上げを行うのだ。お焚上げは行燈供養のクライマックスで、多くの人がお焚上げの壇へと集まっていった。行燈供養初参加のKも興味津々「それでは火点します」の合図と共に「僕、見てくるよ」と火点された壇へと走っていった、が…

「…卒塔婆、くせぇ!!!」Kが壇から爆笑しながら一目散に逃げてきた。

何と、卒塔婆は火点される際ガソリンを撒かれ、物凄い勢いで火柱を上げて燃え盛っているのだ。風下にいた私達の方にもガソリン臭が流れてきて、油煙をあげながら周辺の木立より一段高い火柱を上げる卒塔婆に、祈りを捧げるどころではない。しっとりと暮れた行燈の灯りが記憶から吹っ飛ぶような火焔を後に、墓参客は我先に最寄駅と向かうピストンバスに乗り込んで、火災現場から逃げるように霊園から立ち去って行く。そう、行燈供養はいつも、ガソリンの臭いとはじけ飛ぶ黒煙で幕を閉じるのだ。

走り去るバスの窓から火の勢いが収まらない卒塔婆供養を眺めながら、そんな事はどうでもよいかのように、Kは車中で母親と激しく盛上っていた。翌日からまた残業の日常に戻る彼の、非日常的なお盆休みは、焔と共に終わった。

Aug. 2012

ハンブル・サーバントの独り言 Humble Mumble 4 リリーのすべて The Danish Girl

f:id:Tanu_LPT:20161226224320j:plain

 

台湾の親戚と初めてタイに行く事になった時、適当に購入したガイドブックでタイは国民の約1割がレディ・ボーイだという衝撃的情報を得た。確かにその筋のコンテストもあり、日本のタレントが優勝するくらいだから、その手の方々が生きやすい国なのかもしれない。でもタイ料理は大好きだけど、78歳~5歳のグループで行くから、「オカマ・ショー」は見れないよな~...と、漠然と思っていた。

しかし!タイは8月12日が皇后様の誕生日兼「母の日」で、国中「母」はロイヤル・カラーのブルーを着てお祝いするという。その日バンコクにいた私たちグループの中に「母」が3人いたので、夜はタイで庶民的イベントにもなっている、豪華クルーズ・ディナー・パーティでお祝いする事になっていた。クルーズ・ディナーというと優雅に聞こえるが、ここも乗船の時、えらい混雑で狭い階段を上がったり下がったり、押すな押すなの阿鼻叫喚。ヒーヒーいって席についても、ビュッフェ形式なので、どつきあいながらいちいちお料理を取りに行って食べる。夜景は綺麗だけど、名もないその辺の小さな店のほうがよっぽど安くて美味しいのに~と思いつつ、必死に寿司になろうとしている食べ物や、固いローストビーフ、なんかわからない焼きそばとかで平静を保っていたら、「来たよ!来たよ!」と皆が騒ぎ出す。ディスコビートにのって、天井まで届きそうなデカイ、でも本当に綺麗なレディ・ボーイが豪華絢爛なドレスで客席をぬって次々登場。歌はアテブリなので、安心して聞けるし動きが綺麗。最後はお気に入りの「彼女」と一緒に写真も撮らせてくれる。後で撮った写真を見たら、なんて、まあ、綺麗なこと。嵐の中でも崩れないようなメイク。見事なボディライン! 思いがけず本場レディ・ボーイに会えました!

 

リリー・エルベ(アイナー・ヴェルナー)は1920年代に実在した、世界で初めて性別適合手術を試みたデンマークの男性だという。

映画だから相当な脚色はしていると思うけど、画家同士の夫婦。妻が夫にちょっと絵のモデルになってくれと、ストッキングやバレェのチュチュをあてがった所から、彼の中に眠っていた「女性」が徐々に目覚めてしまう。まだ、トランスジェンダーとかの概念のない時代。同性愛だというだけでも激しい弾圧、差別を受けて当然な時代に、「自分は本当は女なのでは」と苦悩するリリーを、どう見てもすてきな若者エディ・レッドメインが体重をうんと落として熱演している。早くはレ・ミゼラブルで、近年ではスティーブ・ホーキンス博士役を演じてアカデミー賞を受賞した彼だ。繊細な目の動き、身のこなし。息をのむほど綺麗に女装して訪れた病院。妊婦さんへの憧れのまなざし。そこでのやりとりが辛い。

「赤ちゃん、いるのね」「そうよ。あなたも?」「私は病気だから治してもらうの」「治ったら赤ちゃんが生めるようになるの?」「......」結局、危険すぎる手術で彼は命を落とす。

タイのオカマちゃんや先に亡くなったピート・バーンズ様も、相当なお金をかけて美を追求していたのだろう。でもリリー役を演じた彼は整形手術など一切せず、全身全霊でここまで見る者を圧倒してくれた。リリーが求めていたのは「美」ではなく、「自分らしさ」という「魂」なんだと納得できるほど。1回目の大手術の後、少しだけ百貨店の香水売り場で女性として水を得た魚のように働くのだが、LPT読者にはその場面もキュンとなるかもしれない。見てみて。

 

リリーのすべて [DVD]

 

The Smiths / The Sound of The Smiths

ザ・ベスト〜サウンド・オブ・ザ・スミス〜

 80年代のマンチェスターを代表するギターバンド、ザ・スミスの2枚組ベスト。3分前後と短くメリハリの利いた曲構成、J・マーの天才的なギターワーク、嫌味な歌詞を風呂場の鼻歌ばりに気持ちよく歌い上げるモリッシーのヴォーカルが当時の音楽シーンを席巻しましたが、解散後のメンバーはモリッシー以外ぱっとせずリズム隊は消息不明。マーですらあれ程の手練ながらも一介の便利屋ギタリストどまりで自らが輝く場がなく、天才ながらもモリッシーという太陽ありきの惑星系ミュージシャンであった所に運命の分れ道を見る点でも感慨深い一枚です。(WEA  Japan,WPCR 13281)

May 2010

マンプク宮殿3 学食ラーメンとSEX GANG CHILDREN

f:id:Tanu_LPT:20161225185214j:plain

  当時通ってた高校から自転車で10分程走らせると地元国立大学のキャンパスへ辿り着けた。
 
親から貰っていたお小遣いは月¥2,500。80年代の国内盤新譜LPの定価は大体¥2,800。再発廉価盤でようやく¥2,000。単純に考えて新譜だと2月で1枚しか買えない。廉価盤でも1枚買ったらその月はキリンメッツグレープフルーツ味もマウンテンデューも(好きだった清涼飲料)ましてや「ほっかほっか亭」のかき揚げ弁当(当時260円)も殆ど我慢しなくてはならない。
 今と比べれば娯楽も情報も自由になるお金もないない尽くしの学生、その上最優先事項は音楽で服やら頭髪等も全く気にしないガキとはいえたまには放課後に買い食い位はしたいし友人付き合いで多少の金は必要。
 なんとかなんないもんかね・・・・と考えても校則でアルバイトは禁止。隠れてやろうものにも街そのものが狭い上に人間の行動範囲も輪にかけて狭い中では即発覚する事態が多発。そんな中で天啓の如く現れたのが貸レコード屋なるものだった。
 今は亡き「黎紅堂 」という都で話題の貸レコード屋が田舎の我が街にも出店する!という情報が学内の音楽好きの連中の中でどれだけ渇望を持って迎らえた事か。開店のその日に授業終了と同時に店内に駆け込んだ。店内には同じ学校の連中もチラホラと見える中、餌箱をチエックして数十分。
 
     「借りたいものが殆ど無い!」
 
 貸レコード屋だって商売。当然回転率の高いタイトルを在庫として選ぶ、人口20万未満の小都市では更に厳選した売れ筋が並ぶのは当たり前。他の連中が嬉々としてVAN HELENやGARY MOORE, RAINBOW,TOTOなんかを借りていく中で私は呆然として「BAUHAUSもCABARET VOLTAIREもPILもない・・・ましてやCAMELやCARAVANなんぞはありゃしない!」と吉幾三の替え歌状のものを呟くばかり。
 
 失意の中、それから暫くして新たな情報が入ってきた。「大学の生協のレコード売り場では貸レコードサービスをやっているらしい。そして貸し出されたレコードは貸し出された回数に応じて値引きされて販売される」つまり¥2,800のレコードが1回350円でレンタルされるとそのレコードは中古盤として¥2,450で売られる。2回借りられれば¥2,100 3回借りられれば¥1,750まで値下げ!8回借りられればタダになるのか?という疑問は残るがそんな話を聞きつけた私は大学生協へ学ランのまま向かった。
 
Sky's Gone Out
 
 レンタルはその大学生のみのサービスで学生証が無いと借りられないが値引きレコードは大学生じゃなくても購入可能という事らしい。私の居た高校は学年360人中半分はその大学に入るという予備校状態だったので良いじゃん貸してくれても!と思ったがまあ仕方ない。そこで餌箱見ると流石大学、変な音楽一杯あるある。
 当時、一部だけだが話題になっていた音楽ジャンルで「ポジティブパンク」略して「ポジパン」というのがあった。「ポジティブ」という単語が当時ネガティブ一直線だった私には馴染めなかったが実際聴いてみるとどこがポジティブなのやら。奇矯なメイクをした野郎がエフェクトかけまくりな伴奏で妙なメロディーを歌うという地方拗らせ系男子の琴線に触れる音だった。それ系の音盤が大量に在庫していたので狂喜乱舞。さて・・・・どれを買おうか・・・代表格だったBAUHAUSというバンドの「THE  SKY’S GONE OUT」というアルバムに白羽の矢を立てたがあんまり借りられてない。「まだ高いな・・・」と思い他も漁ると当時デビューしたばかりで盛り上がってたバンド「SEX GANG CHILDREN」というバンドのアルバムが有った。
 バンド名も凄いしジャケットもなんか意味ありげで気になってたし欲しかったんだよ!と思いレンタル履歴見ると5回位借りられてる!安い!と思い購入。「思ったより安く欲しいレコードが買えた」と気が大きくなった上に腹も減ってたので大学の学食に向かった。そこで食べたラーメンの美味かった事。多分どうという事も無いラーメン。200円代の値段で貧乏学生の空腹を満たす以上の価値はないものだったのだろうが自分の為すべきこと事を為した後の飯は旨いという事をあの時初めて知ったような気がする。
 
 さて、そんな高揚した気持ちで家に帰り針を落とした聴いたアルバム。何度聴いてもつまらない・・・。それまでも一聴して「なんだこれ!つまんねえ」というアルバムはあったが何度も聴くうちに段々良くなってきたものだがこれだけは何度聴いても面白くない!一か月毎日聴いたが全然面白くない!学食のラーメンを美味しく食べた私の気持は無駄になったのか?いや!あの時の俺の高揚感は嘘ではない!というやりきれない想いのまま私は大学入学の為地元を離れSEX GANGは地元へ置き去りに。
 
 数年前、中古CD屋で件のアルバムが300円で売っていた。買ってみた。聴いてみた。
当時よりは楽しく聴けた。なかなか面白かった。
 でも多分それは当時の自分をいたわる気持ちが殆どだったんだろう
「頑張ったな、若いころの私。こういうのを聴いて困惑したのもきっと今の人生に無駄じゃないよ」
Song and Legend

無駄の多さが人生の豊かさなんだと思わせてくれたのならこれも私のフェバリットアルバムなのでしょう。


 

 

episode 1207 : Axis of dining evil

f:id:Tanu_LPT:20161225183417j:plain

「食堂の三悪」
 
 家の近所にこの辺では珍しい個人系和食居酒屋が昨年オープンし、結婚記念日のお祝いに、平日だったが先に私が店に入り、追って主人が職場から駆付ける事にした。店の外は地引網やガラス球の浮子が玉砂利の上に飾られ「○○港網元△△」等関東近郊の漁場から新鮮な魚を仕入れている事をここぞとばかりアピールする看板多数、期待を胸に入店した。結構な繁盛店と聞いている。

7時過ぎの店内は客足が鈍く、奥座敷は半分程埋まり、5,6人座れるカウンターに殆ど客はいなかった。後でもう一人来ますので、奥の座敷をお願いします、と暇そうな店員に言ったら「混んで来たら、カウンターに移ってもらいます」とばっさり言われた。「あの、今日初めてだし、結婚記念日なのでゆっくり…」言い終わる前に「混んで来たら移って下さい」と念押しされ、奥に通された。程なく主人が到着したが特段混んでくる様子もなく、座敷のまま店自慢の刺身盛、2人前で一番安い5点2,500円にイカの沖漬を注文したが、飲み物が来た後20分以上料理が来ない。「お料理まだですか」と聞いたら「時間がかかりますので」とそつない返事。じゃ、すぐできるものは何ですか、と尋ねると「枝豆か冷やしトマト位ですね」隣のスーパーで3個98円で売ってるトマトを何故ここで頼むか、と即断で枝豆にしたが、冷え切った枝豆が出てくるのに15分かかった。そのうち刺身盛とイカが出てきたが、余りに量が少なく、味はさておき気持ちが満たされない。これは、一度に注文しておかなければいつ料理にありつけるか判らないと思い、枝豆が来たついでに口コミで一番人気の若鳥の丸揚げとレタス鍋、もろきゅうを注文した。酒も高いので大事に飲んだ。横では食べ盛り風カップルが背中を丸め、冷やしトマトを無言でがつがつ食べていた。

刺身も枝豆も喰い尽くし、レタス鍋も終盤の頃「若鳥ともろきゅうまだですか」と店員に尋ねると「間もなくお持ちします」の返事だったが、一滴残さず鍋を啜った後も、若鳥はこなかった。再度主人が店員を呼ぶと「オーダー、入ってませんでした」と真顔で言われたため、我々の怒りは頂点に達し「あ、もういいですから。お勘定お願いします」この時点でお勘定は1万円に届いていた。会計を済ませ店内を見渡すと客はまばら、結局一度も満席になる事はなかった。

異論があろうかと思うが、私は常々、外食で肝心なのは「注文したら程々早く料理が出て、充分な量があり、値頃な事」だと思っている。味は主観の問題だから問わない。この店は「遅い、少ない、高い」という食堂の三悪に抵触している。この食堂悪の枢軸(axis of dining evil)は、全霊を以て駆逐すべきだ。「二度と来るか」我々は意気投合し、駅前のやきとん屋で雪辱を晴らした。

Jul 2012

ハンブルサーバントの独り言 Humble Mumble 3 裏切りのサーカス Tinker Tailor Soldier Spy (2012)

f:id:Tanu_LPT:20161226224320j:plain

先般、某国最高指導者の義理の兄が、何者かによって滞在先の某国空港で毒殺された。工作員...スパイ...一体誰が?まるで映画のように。私は政治経済はまるっきりわからない。スパイ小説なども読んだことがない。しかし、ただの名もない中年女として痛く感じたことは、生まれはどうであれ、人には人の人生があってしかるべきで、政治のために身内に命を狙われる星のもとに生まれたとしても、「フツーに生きたかった。家族と楽しく過ごしたかった」と願うことが罪なのか、会ったこともない人だが(当然)、折に触れ命の危機を感じ、命乞いまでしていたという人物の、ニュースなどで流れる熊のぬいぐるみのような笑顔を見るにつけ、後味の悪いイヤ~なものを感じた。

 

「裏切りのサーカス」は、私なんぞが書いたらファンに大ブーイングされるかもしれないほどの、元M16のスパイ本人が書いた、スパイ小説の金字塔だという。70年代にはBBCでテレビシリーズにもなっていて、この映画版は21世紀ヴァージョンと言えるらしい。

キャッチ・コピーは「敵は味方の中にいる。英国諜報部{サーカス}幹部に潜む、ソ連の二重スパイ(もぐら)を探せ!」

キャスティングが凄い!ゲイリー・オールドマン、ジョン・ハート、コリン・ファース、ベネディクト・カンバーパッチ、マーク・ストロング等々...東西冷戦下に繰り広げられる、騙しあい。ダダもれの機密情報。国に忠誠を誓っているはずの者の中に裏切者がいる。作戦のためなら上司の妻も寝とる。「真実」に近づこうとする者は粛清される。それも「味方」と思っている者の罠によって。

二重,三重に張り巡らされる伏線。1回見ただけではよくわからなかったが、2回目でなんとか把握できた。「国のために」と言いながら、実はその「国」にすでに辟易している二重スパイ(もぐら)。

実年齢より老け気味に、杉下右京がうんと上品に渋くなったように、淡々と(もぐら)を追い詰めていくゲイリー・オールドマン演じる老スパイ、スマイリーがいい。とにかくこれだけ凄い俳優さんたちが一同に会し、スパイ映画と言っても007みたいにキテレツな武器が出てきたり、戦闘シーンがあるわけでもない。それも重要な役割を「沈黙」部分が雄弁に演じているのだ。

「あいつが(もぐら)かもしれない」薄々感じとる男。長い間共に戦ってきた仲間。あるいはそれ以上の感情があったのかもしれない。そして(もぐら)は炙り出される。二重スパイがゆえ、捕まればソ連に送還され、拷問の末粛清されるのは目に見えている。(もぐら)の収容先に、枯葉を踏みながらそっと近づく男。「それなら、いっそ俺の手で」遠距離から庭に佇む(もぐら)を一撃で「処刑」する男の頬をつたう一筋の涙。

やっぱり感じました。「フツーに生きたかった。」だろうなって。 色んな意味でR.I.P.

 

裏切りのサーカス スペシャル・プライス [DVD]

Manfred Mann Chapter Three / Volume One

Manfred Mann Chapter Three by Creature Music 【並行輸入品】


 昨年(注:2009年)紹介した'Volume Two'の前年(1969)に発表された、こちらが1stです。これからいよいよ時代が混沌としてくるぞ、といった予兆ふんぷんな耳元絶叫サウンドは次作と同様ですが、押しの強いベースと破裂するホーンセクションが織り成す筋弛緩的グルーヴ感が、楽曲編成こそ違えど最近再評価されている90年代初頭のシューゲイザーにかなり通じるものがあり、改めて彼らの先進性に驚きです。どちらも人の目を見れないか、瞬きなしでこっちを見てるか、という人間性のアンバランスさが心情ですが、強いて言えばマンフレッドマンには「誰かを相手にしている」というやる気を感じます。2004年に国内盤が出ていたのも驚き。(エアー・メイル・レコーディングス、AIRAC-1054)

Feb.2010